現金化の危険性を学んでおこう

クレジットカードの現金化とは

損失が大きくなるトラブル

業者が指定した商品をクレジットカードで購入して、あとから買い取ってもらい利益を得る現金化の方法があります。
悪質な業者だとかなり高額な商品を買わせて、そのまま行方不明になるケースが多いので気をつけないといけません。
業者と音信不通になった場合は、もう連絡することができないと思ってください。
非常に残念ですが、商品を購入したお金が無駄になります。

そのように、詐欺に近い行為をする業者がいるので安易に現金化をしようと思わないでください。
また高額で買い取るといったのに、原価の半分以下のお金しか受け取れないパターンもあります。
数十万円の商品を購入して、得られた利益が数千円になるトラブルも起こっていることを把握しましょう。

手数料に注意する

クレジットカードの査定を依頼する時に、手数料が発生する場合があります。
その際は先に手数料を支払って、あとで査定結果の金額を口座に振り込んでもらうシステムになっています。
ですが手数料を支払ってから、全く音沙汰がないトラブルが起こっています。
その手数料もかなり高額なので、悪い評価がある業者をチェックしてください。
査定を任せる時手数料が発生するのは仕方がないので、支払うタイミングや金額に注意しましょう。

また還元率が90パーセント以上だから依頼したのに、半分が手数料に持っていかれてしまったという人もいます。
還元率に注目して査定を任せる業者を調べるのは良いですが、手数料が別途で発生しないのか確かめましょう。