現金化の危険性を学んでおこう

社会的な信頼を守る

クレジットカードが使えなくなる可能性

クレジットカードを管理している会社では、現金化を許していないところが多いです。
それなのに現金化をすると、規約違反としてペナルティーを課せられます。
もうクレジットカードを利用できなくなることが、ペナルティーになります。
利用停止になるので、何回も現金化を業者に依頼することは控えてください。
1回や2回しか使っていない段階では気づかれないかもしれませんが、何回も繰り返すと怪しまれます。

転売するために高額な商品を次々と購入するとすぐに気付かれます。
管理している側は、何をどのくらい購入するか分かるので怪しいと思った時点でクレジットカードの利用を停止させられます。
トラブル防止のために、頻繁に現金化をするのは控えてください。

社会的な信頼を失くす

何回もクレジットカードの現金化を繰り返して利用停止になると、社会的な信頼が失われてしまいます。
信頼性のない人間だと思われると生活を送る上で様々なデメリットがあります。
まず金融機関からお金を借りることができなくなったり、ローンを組んだりできなくなります。
すると自分が持っているお金を使って一括で支払わなければいけないので、高額な買い物をする時に不便です。

また信頼できない人間を雇ってくれる会社はすくないので、就職活動が難航します。
現在は会社に勤めていた場合でもクレジットカードの現金化をしていたことが知られると、クビになる危険性があります。
働き先を失うという、大きなトラブルが起こることを覚えておきましょう。